岡山県テニス協会

岡山県テニス協会

岡山県テニス協会組織

岡山県テニス協会組織

運営委員会組織

運営委員会組織

協会の業務と問い合わせ先

協会の業務と問い合わせ先

岡山県テニス協会歴代役員

岡山県テニス協会歴代役員

岡山県テニス協会の歩み

 岡山県テニスの繁栄の礎を築いたのは、日本を代表する名選手、原田武一氏の存在である。倉敷市酒津の出身の原田氏は慶応義塾大学で本格的にテニスに取り組み、大正12年全日本テニス選手権に優勝した。翌13年にハーバード大学留学。同年、デ杯選手に選ばれた。大正15年には原田・俵のペアーでデ杯インターゾーンのフランスとの決勝に進出し、日本の名を海外に轟かせた。同年、世界最強を誇る米国ランキング3位選ばれるなどの偉大な記録を打ち立てて「日本テニス」の黄金時代を築いたのである。その後、昭和30年代にはデ杯監督として采配を振われた。早くから「ジュニア育成・強化の重要性」を強く謳われ、自らの名前を冠した「原田杯ジュニア庭球選手権」を昭和39年に設立されたのをはじめ岡山県テニス界のみならず、日本テニス界に大きな足跡を残された。この意思は今なお受け継がれている。


 岡山県庭球(テニス)協会は戦前の倉敷市にはじまり、一時中断したが太平洋戦争終結後、いち早く復興の名乗りを上げたのが、戦災を受けなかった倉敷市で、倉敷市旭町の市有地を借りてテニスコート2面を作ってテニス愛好家が自費を投じて活動しはじめた。昭和20年末からは日本庭球協会(現JTA)中国支部が倉敷市に置かれたが、その後広島市の復興により広島市に戻った。
 昭和22年、第2回マッカーサー杯大会において倉敷市は準優勝に進出し3位となっている。また岡山市でも昭和23年岡山紡績(株)にテニスコート2面が完成して、会社の好意で一般に開放され、10数人でテニスを楽しむグループが誕生した。その後、年々テニス愛好者が増加して、組織化への動きで、昭和25年岡山ローンテニスが誕生した。


 その年、すでに活動中の「倉敷ローンテニス」との交流対抗戦を行ったのを契機に倉敷、岡山の双方が合併して、強力なスポーツ団体として発足しようとの機運が高まって、昭和26年4月1日に正式に岡山県庭球(テニス)協会が発足した。初代会長に原田武一氏、副会長に東 泰一氏、稲田幾次郎氏、理事長に稲田洋一氏が就任。事務所は岡山市岡山スポーツマンに置き、その後倉敷の東病院に移り、昭和27年から岡山市三友綿業に置くことになった。同じく昭和26年4月12日付けで岡山県体育協会への加入が認可され、公式スポーツ団体としてはじめて認められることとなった。


 当時の加盟団体には、岡山ローンテニスクラブ、倉敷ローンテニスクラブ、福山ローンテニスクラブ、岡山大学、倉レ、岡鉄などで加入人数も100名程度で活動が開始され、それが軌道に乗りかけた昭和28年8月全国都市対抗(マッカーサー杯)の開催が決まった。これを機に津島運動公園内に今日の隆盛の拠点となる待望の岡山県営テニスコート(アンツーカー2面、クレー4面)が完成した。


 昭和30年5月24日、日本庭球(テニス)協会後援の「日・比デ杯戦」が岡山で開催され、強豪比国勢は、アンポン、デイロ、ホセ。原田監督率いる宮城、加茂、石黒の日本勢との熱戦は、津島県営コートはじまって以来の満員の」テニスファンの熱狂と感動を残したのも記憶に新しい。
(岡山県テニス協会30年史より抜粋)

原田杯について

 岡山県テニス協会初代会長で、日本テニス界の黎明期世界で活躍された原田武一さんは、日本テニス界の発展のためには、世界で通用するジュニア選手育成が不可欠との信念を持ち続けておられた。そしてそれを具現化するために各界の関係者に働きかけをされ、昭和39年U-19を対象とした原田武一杯全国選抜ジュニアテニス大会を設立された。


 第1回は岡山で開催され、以降全国持ち回りで開催されたが、第5回・第10回・第15回の節目の大会は岡山で開催された。この大会では、神和住純選手・沢松和子選手・佐藤直子選手・福井烈選手等がファイナリストとなり、世界に羽ばたいていった。県内の選手では、小橋洋子選手(山陽女高)・宇高由紀選手(山陽女高)等が活躍した。
 この大会は、原田さんが亡くなられた昭和53年第15回をもって発展的に解消され、以降は原田さんの遺志を引き継いだ全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会(U-19)に衣替えした。この大会は第1回〜第13回まで兵庫県夙川ラケットクラブで開催され、第16回以降は大阪府江坂テニスセンターで開催されている。この大会では雉子牟田明子選手・松岡修造選手・伊達公子選手・遠藤愛選手等が活躍し、世界に羽ばたいていった。


原田さんは昭和53に亡くなられ、原田さんのジュニア育成の思いは、前述の大会に引き継がれたが、岡山県テニス協会では、この不世出の偉大な原田さんの冠を戴いた県内大会を創設すべきとの機運が持ち上がり昭和53年、一般男女シングルスおよびベテラン男子ダブルスによる原田杯テニストーナメントが誕生した。この大会は今年で33回を数え、都市対抗県予選を兼ねたり、岡山県マスターズを併合したりの変遷を経て現在は、ランキングトップ16本によるシングル3セットマッチの県内最高グレード大会として継続している。


 また一方で、原田さんが亡くなられて数年後、原田さんの盟友であった山陽放送の河内山社長が、原田さんのジュニア育成の思いを岡山県内で開催する大会に具現化できないかと日本テニス協会をはじめ体育協会・教育委員会・協賛会社等に働き掛けをされ、昭和60年県内で唯一の日本テニス協会主催の全国大会が開催されることになり、「RSK全国選抜ジュニアテニス大会」が誕生した。
 第1回は県営、第2回〜第6回は浦安、第7回〜10回は備前、第11回以降は津山と県内を順繰りで開催した。また第1回から第7回まではU-12男女シングルスとU-14男女シングルスであったが、第8回以降はU-13男女シングルスでワールドジュニア アジア・オセアニア予選を兼ねた大会になった。この大会では、沢松奈生子選手・宮城ナナ選手・エヤーKこと錦織圭選手・森田あゆみ選手が活躍し、世界に巣立っていった。


 原田さんが原田杯を設立されて以来46年、亡くなられて32年、原田さんのジュニア育成の思いは前記二つの大会に引き継がれ、また杯名は県内トップの大会に戴くことで、原田さんの大きな幹は3本のしっかりした枝となって今なお、原田さんの遺志を継いで成長し続けている。

go_page_top